FC2ブログ

髪のボリュームが気になり始めたら

「夏のダメージ」が秋に姿を現す
肌の老化のリスクは、一年を通して秋がピーク。最悪と言われる「夏のダメージ」が原因です。厳しい夏を乗り越えた肌はもうボロボロ…。今はまだ目に見えなくても、このまま放っておいては、あっと言うまにシミ・シワ・たるみとなって肌に現れてきます。

秋のスキンケアの内容で1年間の美肌度が決まるといっても過言ではありません。

1年で最も徹底ケアが必要な季節
今回、知っておいていただきたいのは、秋は「肌の老化がはじまる季節」だということ。秋の間に「夏のダメージ」をきちんとリセットできているかいないかで、その後の美肌度を大きく左右します。

夏のダメージをリセットしないまま厳しい冬を迎えてしまうと「現状回復」は本当に大変…。それどころか、冬の間も悪化し続けて、シミ・シワ・たるみとなって肌に定着してしまいます。

夏のダメージはなんとしても9月→10月→11月のうちにリセットしておきたいところ。夏のダメージが引き起こすトラブルと秋の肌傾向を知って、適切なスキンケアをプランニングしていきましょう。

肌老化のスパイラルは秋からはじまるのです。

夏のダメージが原因 「秋の肌トラブル」
「肌にハリがない。」 「小ジワ・たるみが気になる。」 紫外線には、たった数分浴びただけで肌のハリや弾力を担うコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうという作用があります(=光老化)。 夏の終わり頃から小じわやたるみが気になりはじめるのはこの光老化の影響。 肌がハリや弾力を失った結果、表情の変化による癖がつきやすくなったり、重力に負けるようになってしまうためです。
「肌がカサカサ。乾燥する。」
夏場、冷房の効いた室内に長時間いた私たちの肌は、厳しい乾燥に晒されていました。 秋になり肌の乾燥はピークに達し、潤いを保つ機能は極度に低下しています。 そこに追い討ちをかけるのが乾燥した秋の空気。 秋の乾燥した空気が、バリア機能が弱まった肌に容赦なく襲い掛かり、肌の乾燥はより一層深刻になっていきます。
「シミ、くすみが気になる。」
紫外線による光老化やエアコンによる乾燥、室内外の気温・湿度差。夏を終えた今、肌の機能は著しく低下しています。 その代表格が「ターンオーバーの遅れ」。 肌の生まれ変わりが不調になることでメラニンをスムーズに排出できず、しみの発生や悪化を招いています。 また、古くなった角質が長く居座り続けるために肌のトーンは暗くなり、くすみが目立ち始めます。

秋のアンチエイジングのテーマはふたつ。
「夏のダメージのリセット」と「ターンオーバーの促進」です。秋は「肌の老化がはじまる季節」。夏のダメージをきちんとリセットして、肌老化のスパイラルを断ち切りましょう。

秋の洗顔
ターンオーバーが乱れた肌は、古い角質が溜まりやすくなっています。洗顔料はケチらずたっぷりと使用し、密度の濃い泡を沢山つくって肌に馴染ませるように洗い上げます。決してこすらず、だけど素早く。肌へのダメージをできるだけ少なくするためにも手際よく洗い上げましょう。古い角質をキレイにオフすることでターンオーバーを促進し、全ての肌の悩みに働きかけます。

涼しくなって「夏特有の激しい皮脂の分泌」が落ち着きはじめたら、水洗顔を取り入れます。お湯での洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥を招きます。水(ちょっと冷たいかな?と感じる程度)で洗顔することで、必要な皮脂や保湿成分を残しつつ、汚れだけをオフする洗顔を目指しましょう。
蒸しタオルパックで、しわ・たるみ・シミ・くすみ対策!
洗顔後に蒸しタオルを30秒ほど顔に乗せることで血行やリンパの流れがよくなりターンオーバーの正常化を促します。また蒸気が肌の内部にまで行き渡り、ふっくらと潤います。蒸しタオル後に冷水に顔を浸せばなお完璧。開いた毛穴がキュット閉じます。冷蔵庫で冷やした化粧水をたっぷりと馴染ませても良いでしょう。
化粧水の前に蒸しタオルをすると化粧水が浸透しやすくなり、美容効果を高めるので絶対にオススメです。ターンオーバーの促進と保湿の強化を兼ね備えた、秋にピッタリの美容法です。
:蒸しタオルの作り方
フェイスタオルを水で濡らして、軽く絞ります。絞ったタオルをビニール袋に入れて電子レンジで1分程度温めます。あまり熱いと逆に肌に悪いので、温度を調節してから顔に乗せましょう。くれぐれも火傷にはご注意くださいね。

※気持ちよいのでやってしまいがちですが、蒸しタオルを乗せた後に顔を拭いたり擦ったりするのはやめましょう。必要な皮脂や肌の保湿成分を失ってしまいます。

秋の化粧水ケア
夏のダメージで乾いた肌にたっぷりと潤いを与えます。しっとりタイプのものでしっかりと潤いと栄養を与えて、夏のダメージを手当てしましょう。
化粧水を顔全体に馴染ませたら、乾燥しやすい目元から指の腹で軽く抑えるようにしっかりと馴染ませていきます。内から外、下から上へ血行やリンパの流れを意識しながら馴染ませていきます。最後にもう一度、手のひら全体で顔を抑えて浸透を高めます。

化粧水を顔全体に馴染ませたら、乾燥に弱い目の周辺を中心に気になる部分にコットンパックをしていきます。肌の奥まで潤いを届けましょう。コットンに化粧水を十分に馴染ませてから薄く数枚に裂いて、乾燥ジワやシミが気になる部分に乗せていきます。
時間の目安は最大3分。それ以上すると逆に肌の水分を奪ってしまうので注意が必要です。

秋の美容液ケア
夏のケアに引き続き、秋も「シミ対策」と「シワ・タルミ対策」は並行して取り入れていきます。 「夏しか美白をしない」という方がよくいらっしゃいますがこれはNG。 シミ対策、しわ・たるみ対策ともに一年中が勝負シーズン。 美肌を維持するためにバランスよくケアしていきましょう。

夏に比べると秋のアンチエイジングは「シワ・たるみ対策」を強化しなくてはなりません。 エアコンによる乾燥はもとより、紫外線による「光老化」は放っておくと、しわ・たるみとなって「この秋に」確実に肌に現れます。 ベーシックなシミ対策と並行して、肌のハリ・弾力を取り戻すケアに重点的に取り組みましょう。

秋の乳液&クリーム
肌がベタつきやすい夏の間に、乳液やクリームなどの油分系化粧品の使用をサボっていた方も多いと思います。そんな方は夏の間に「隠れ乾燥肌」になっていた可能性が大。この秋にしっかりとケアしないと大変なことになってしまいます。

美容液が肌に馴染んだら、乳液を肌に馴染ませていきます。まずは最も乾燥しやすい目元から。瞼・下瞼、目の下から目尻・こめかみへしっかりと乳液を馴染ませて潤いを閉じ込めていきます。次に、乾燥しやすい口元から頬全体へ、下から上、内側から外側へと頬を引き上げるように、マッサージするように引き上げていきます。決して強く擦らず、指の腹を肌の上に滑らせるように引き上げていきましょう。皮脂の分泌が減少してきた部分には、クリームでさらに油分を補っていきましょう。

シワが気になる部分には、夜のスキンケアの最後に多少ベタッとするくらい多めにクリームをのせてあげましょう。パックのような効果で、夜寝ている間にもしっかりと潤いを閉じ込められます。翌朝には肌が柔らかく潤っていることに気付くはずです。

秋のアンチエイジングまとめ
絶対に覚えておきたいのは、秋は「肌の老化がはじまる季節」だということ。秋にしっかりリセットしておかないと、このダメージは冬の終わりまで加速を続け、回復すること無く、来年の夏を迎えることになってしまいます。肌老化のスパイラルは秋からはじまるのです。

アンチエイジングは秋が勝負。

夏のダメージをきちんとリセットして、肌老化のスパイラルを断ち切りましょう。

秋のアンチエイジング

「夏のダメージ」が秋に姿を現す
肌の老化のリスクは、一年を通して秋がピーク。最悪と言われる「夏のダメージ」が原因です。厳しい夏を乗り越えた肌はもうボロボロ…。今はまだ目に見えなくても、このまま放っておいては、あっと言うまにシミ・シワ・たるみとなって肌に現れてきます。

秋のスキンケアの内容で1年間の美肌度が決まるといっても過言ではありません。

1年で最も徹底ケアが必要な季節
今回、知っておいていただきたいのは、秋は「肌の老化がはじまる季節」だということ。秋の間に「夏のダメージ」をきちんとリセットできているかいないかで、その後の美肌度を大きく左右します。

夏のダメージをリセットしないまま厳しい冬を迎えてしまうと「現状回復」は本当に大変…。それどころか、冬の間も悪化し続けて、シミ・シワ・たるみとなって肌に定着してしまいます。

夏のダメージはなんとしても9月→10月→11月のうちにリセットしておきたいところ。夏のダメージが引き起こすトラブルと秋の肌傾向を知って、適切なスキンケアをプランニングしていきましょう。

肌老化のスパイラルは秋からはじまるのです。

夏のダメージが原因 「秋の肌トラブル」
「肌にハリがない。」 「小ジワ・たるみが気になる。」 紫外線には、たった数分浴びただけで肌のハリや弾力を担うコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうという作用があります(=光老化)。 夏の終わり頃から小じわやたるみが気になりはじめるのはこの光老化の影響。 肌がハリや弾力を失った結果、表情の変化による癖がつきやすくなったり、重力に負けるようになってしまうためです。
「肌がカサカサ。乾燥する。」
夏場、冷房の効いた室内に長時間いた私たちの肌は、厳しい乾燥に晒されていました。 秋になり肌の乾燥はピークに達し、潤いを保つ機能は極度に低下しています。 そこに追い討ちをかけるのが乾燥した秋の空気。 秋の乾燥した空気が、バリア機能が弱まった肌に容赦なく襲い掛かり、肌の乾燥はより一層深刻になっていきます。
「シミ、くすみが気になる。」
紫外線による光老化やエアコンによる乾燥、室内外の気温・湿度差。夏を終えた今、肌の機能は著しく低下しています。 その代表格が「ターンオーバーの遅れ」。 肌の生まれ変わりが不調になることでメラニンをスムーズに排出できず、しみの発生や悪化を招いています。 また、古くなった角質が長く居座り続けるために肌のトーンは暗くなり、くすみが目立ち始めます。

秋のアンチエイジングのテーマはふたつ。
「夏のダメージのリセット」と「ターンオーバーの促進」です。秋は「肌の老化がはじまる季節」。夏のダメージをきちんとリセットして、肌老化のスパイラルを断ち切りましょう。

秋の洗顔
ターンオーバーが乱れた肌は、古い角質が溜まりやすくなっています。洗顔料はケチらずたっぷりと使用し、密度の濃い泡を沢山つくって肌に馴染ませるように洗い上げます。決してこすらず、だけど素早く。肌へのダメージをできるだけ少なくするためにも手際よく洗い上げましょう。古い角質をキレイにオフすることでターンオーバーを促進し、全ての肌の悩みに働きかけます。

涼しくなって「夏特有の激しい皮脂の分泌」が落ち着きはじめたら、水洗顔を取り入れます。お湯での洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥を招きます。水(ちょっと冷たいかな?と感じる程度)で洗顔することで、必要な皮脂や保湿成分を残しつつ、汚れだけをオフする洗顔を目指しましょう。
蒸しタオルパックで、しわ・たるみ・シミ・くすみ対策!
洗顔後に蒸しタオルを30秒ほど顔に乗せることで血行やリンパの流れがよくなりターンオーバーの正常化を促します。また蒸気が肌の内部にまで行き渡り、ふっくらと潤います。蒸しタオル後に冷水に顔を浸せばなお完璧。開いた毛穴がキュット閉じます。冷蔵庫で冷やした化粧水をたっぷりと馴染ませても良いでしょう。
化粧水の前に蒸しタオルをすると化粧水が浸透しやすくなり、美容効果を高めるので絶対にオススメです。ターンオーバーの促進と保湿の強化を兼ね備えた、秋にピッタリの美容法です。
:蒸しタオルの作り方
フェイスタオルを水で濡らして、軽く絞ります。絞ったタオルをビニール袋に入れて電子レンジで1分程度温めます。あまり熱いと逆に肌に悪いので、温度を調節してから顔に乗せましょう。くれぐれも火傷にはご注意くださいね。

※気持ちよいのでやってしまいがちですが、蒸しタオルを乗せた後に顔を拭いたり擦ったりするのはやめましょう。必要な皮脂や肌の保湿成分を失ってしまいます。

秋の化粧水ケア
夏のダメージで乾いた肌にたっぷりと潤いを与えます。しっとりタイプのものでしっかりと潤いと栄養を与えて、夏のダメージを手当てしましょう。
化粧水を顔全体に馴染ませたら、乾燥しやすい目元から指の腹で軽く抑えるようにしっかりと馴染ませていきます。内から外、下から上へ血行やリンパの流れを意識しながら馴染ませていきます。最後にもう一度、手のひら全体で顔を抑えて浸透を高めます。

化粧水を顔全体に馴染ませたら、乾燥に弱い目の周辺を中心に気になる部分にコットンパックをしていきます。肌の奥まで潤いを届けましょう。コットンに化粧水を十分に馴染ませてから薄く数枚に裂いて、乾燥ジワやシミが気になる部分に乗せていきます。
時間の目安は最大3分。それ以上すると逆に肌の水分を奪ってしまうので注意が必要です。

秋の美容液ケア
夏のケアに引き続き、秋も「シミ対策」と「シワ・タルミ対策」は並行して取り入れていきます。 「夏しか美白をしない」という方がよくいらっしゃいますがこれはNG。 シミ対策、しわ・たるみ対策ともに一年中が勝負シーズン。 美肌を維持するためにバランスよくケアしていきましょう。

夏に比べると秋のアンチエイジングは「シワ・たるみ対策」を強化しなくてはなりません。 エアコンによる乾燥はもとより、紫外線による「光老化」は放っておくと、しわ・たるみとなって「この秋に」確実に肌に現れます。 ベーシックなシミ対策と並行して、肌のハリ・弾力を取り戻すケアに重点的に取り組みましょう。

秋の乳液&クリーム
肌がベタつきやすい夏の間に、乳液やクリームなどの油分系化粧品の使用をサボっていた方も多いと思います。そんな方は夏の間に「隠れ乾燥肌」になっていた可能性が大。この秋にしっかりとケアしないと大変なことになってしまいます。

美容液が肌に馴染んだら、乳液を肌に馴染ませていきます。まずは最も乾燥しやすい目元から。瞼・下瞼、目の下から目尻・こめかみへしっかりと乳液を馴染ませて潤いを閉じ込めていきます。次に、乾燥しやすい口元から頬全体へ、下から上、内側から外側へと頬を引き上げるように、マッサージするように引き上げていきます。決して強く擦らず、指の腹を肌の上に滑らせるように引き上げていきましょう。皮脂の分泌が減少してきた部分には、クリームでさらに油分を補っていきましょう。

シワが気になる部分には、夜のスキンケアの最後に多少ベタッとするくらい多めにクリームをのせてあげましょう。パックのような効果で、夜寝ている間にもしっかりと潤いを閉じ込められます。翌朝には肌が柔らかく潤っていることに気付くはずです。

秋のアンチエイジングまとめ
絶対に覚えておきたいのは、秋は「肌の老化がはじまる季節」だということ。秋にしっかりリセットしておかないと、このダメージは冬の終わりまで加速を続け、回復すること無く、来年の夏を迎えることになってしまいます。肌老化のスパイラルは秋からはじまるのです。

アンチエイジングは秋が勝負。

夏のダメージをきちんとリセットして、肌老化のスパイラルを断ち切りましょう。

頭皮の乾燥にご注意。

頭皮は、身体の他の皮膚とは別のものと考えられがちですが、皮脂腺が発達している以外は、皮下組織、真皮、表皮で構造されており、全く同じ構造から成り立っています。

ただ、皮脂腺が発達しているため、皮脂の分泌量は多くなっていますが、これは、毛髪などでどうしても頭皮は、雑菌が繁殖し易い箇所でもあるので、皮脂量を増やし、皮膚の免疫機能を強化しているからです。

反面、発達した皮脂腺は、他の部位の毛穴より大きくなっているので、免疫機能を促す皮脂の分泌が減少し、乾燥肌になると汚れや雑菌が溜まり易くなっています。

また、汚れなどが溜まり易いといって洗い過ぎたり擦り過ぎると、角質層が壊れ、水分の蒸発が促進されますので、保湿成分のあるコラーゲンが減少して乾燥肌となってしまいます。

どの部位の乾燥肌でも基本的な原因要素は、コラーゲンの不足にあります。

このコラーゲンが肌に充分に満たされれば、コラーゲンの作用により、水分をしっかりと肌に保持するようになり、コラーゲンに溜まった水分が徐々に角質層に移動して、潤いと弾力を与える事により、頭皮の不必要なフケなどを防ぐ事ができます。

では、コラーゲンを摂取すれば健康的な頭皮にする事ができる、と考えるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。

コラーゲンは、身体全体で使われています。

頭皮だけ必要と言っても、摂取した時点で身体全体のバランスを考えますから、確実に頭皮へ回されるとは言えません。

むしろ、身体のバランスの優先順位は、生命維持を優先しますので、頭皮はかなり下位の順位にあり、コラーゲンの供給は殆ど無いといえるでしょう。

しかし、全く無いよりは改善の可能性がありますので、根気強いケアが必要となる訳です。

ただ、乾燥肌の頭皮は、毛髪にも影響を与えますし、雑菌などが多い部位でもあるので、そのまま放置する訳にはいきません。

そこで、他の部位の乾燥肌のケアと同じに、確実に汚れを洗い流す事だけでも大きく改善しますので、オススメします。

その際は、シャンプーに含まれている界面活性剤によっては、免疫機能のある頭皮の皮脂を除去しすぎるので乾燥が気になる場合は硫酸系は選ばない方がいいでしょう。

それから、必ず石けんカスが残りますので、確実にすすぐ事に注意して、また、洗髪後は保湿成分の含まれた化粧品などを使用して頭皮マッサージを行う事に心掛ければ、頭皮が活性化しますので、コラーゲンの摂取とも相まって徐々に頭皮の乾燥肌を改善されるでしょう。

睡眠美肌習慣

眠っている間に、お肌は修復・再生される

睡眠は、体の休息と再生の時間。

それは肌にとっても同じことで、眠っている間に肌の奥では傷ついた細胞の修復やターンオーバーが行われています。

またダメージから肌を守る免疫細胞、肌の潤いやハリに欠かせないコラーゲンやエラスチンも眠っている間に作られています。

ノンレム睡眠とレム睡眠が正しいサイクルだと、この働きが正常に行われます。

しかしながら睡眠時間が短い、夜中に何度も目が覚めて深く眠ることができない、など睡眠の質が悪いと、お肌のターンオーバーが正しく行われなくなります。

単に眠ればいいというわけではなく、睡眠の質が良いことがとても大切なのです。

睡眠時間が短いときは、睡眠の質にこだわる

本当であればお肌のターンオーバーが活発になる夜22時~2時の時間帯に眠ることが理想。

でも夜遅くまで仕事をしていたり、子供を寝かしつけた後で家事をしたりと現実的には難しいですよね。

それならば、少しでも寝つきを良くし、深く眠ることで睡眠のサイクルを正しくする、つまり質の良い睡眠を心がけてはいかがでしょうか?

質の良い睡眠を取る、就寝前の習慣

質の良い睡眠を取るために、オススメな就寝前の習慣が下記の2つです。

1・血行を良くすること
2・脳を刺激しないこと

私たちは身体の深部の体温をゆっくりと下げながら眠りに入っていきます。

入浴や温かい飲み物で身体を温め、血行を良くすると、睡眠に導くための体温低下がスムーズに行われます。

ただ、入浴後、すぐに布団に入るのはおすすめしません。

汗が引かない状態で布団の中に入ってしまうと、汗で身体が冷えてしまいます。

入浴後は、髪を乾かしたり、肌のお手入れをするなど、ゆっくりと過ごしてから布団に入るようにしましょう。

また、手足などの体の末梢部分を温めると寝つきが良くなります。

冷え性の方で、手袋や靴下を使う方もいると思いますが、手足が温まりすぎて発汗し、そのままにしておくと今度は汗で冷えてしまう可能性があります。

手足が冷えてしまうと、体温が下がりにくくなるので、手足が温まったら、手袋や靴下は取って寝るようにしてください。

寝る直前は、光や音で脳を刺激しないようにするのも、質の良い睡眠を取るために効果的です。

特に、部屋の電気を消した状態で、テレビをつけたり、携帯を見たりすると、脳にダイレクトに影響するので要注意です。

寝室環境を整えることも大切

寝具やパジャマも、質の良い睡眠を取るための重要なポイントです。

寝ている間は、思っている以上に汗をかいているので、シーツや枕カバーなどの寝具をこまめに洗濯するようにしましょう。

また、布団も湿気や雑菌が繁殖しやすいので、外に干して日光消毒したり、乾燥させて清潔に保つことが大切。

パジャマは、通気性が良く、汗を吸い取りやすい綿のパジャマがオススメです。

身体を締め付けすぎないものを選ぶといいですね。

質の良い睡眠が、若々しい肌をキープする

質の良い睡眠をとるには、リラックスした気持ちで眠りにつくことも大切です。

就寝前に、ハーブティーやジャスミンティーなど、ホッと一息つけるようなお茶を飲んだり、気持ちを鎮める効果のあるアロマを焚いたり、眠りにつきやすくする自分なりのリラックス方法を見つけるのもおすすめです。

秋のスキンケア

日差しが強かった夏が過ぎいよいよ秋本番!
夏と秋とではお肌の状態も変わってきます。

秋に関わらず季節の変わり目は、お肌のトラブルで悩む方も多いのではないでしょうか。

秋になると日中は気温が高くとも真夏に比べると過ごしやすくなり、朝晩は肌寒く感じる日さえあります。

ダラダラ汗やお肌のベタ付きは少なくなりますが、夏に浴びた紫外線・日焼けが、秋頃からじわじわと影響しはじめるのです。

年中お肌のケアをしっかりしている人もいれば、気になる時に集中してケアしている人もいるでしょう。
紫外線を浴びたお肌のケア・夏以上に秋の肌ケアはしっかりとしたいものです。

夏が過ぎ秋から冬にかけては普通肌の人でもお肌が乾燥しがち。
乾燥肌の人は更に乾燥肌にならないよう注意が必要です。

秋になって出てくるお肌のトラブル対策

夏に浴びた紫外線が原因となって、秋のお肌は乾燥を始め様々なトラブルが出やすくなります。

例えば日焼けなど紫外線からシミができやすくなったり乾燥しがちになったりなど個人差はありますが、 お肌トラブルの悩みの種となってしましまいます。

対策としては保湿をたっぷりすることです。
気になる部分には化粧水や美容液をしっかり重ね塗りしましょう。

そして洗顔も丁寧に行いましょう。
洗顔はしっかりと泡立てて力を入れずになでるように洗顔します。
拭き取りの際もタオルで抑えるようにして水気を取ります。
その後、化粧水をたっぷりと付けしっかりと保湿をして下さい。

食事も偏った食事でなくビタミンが豊富な果物や野菜などもしっかりと摂り、
バランスよい食事を心がけたいものです。
また、半身浴などで体をしっかり内側から温める、
そしてゆったりとした気分で睡眠をとるように心がけることも お肌のケアに効果があります。

秋口は、真夏以上に気をつけながらお肌をケアしてゆきましょう。
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード