FC2ブログ

日焼け止めについて

ジリジリとした日差しが多くなってきましたね。

日焼け止めは何を基準に選びますか?

紫外線から肌を守るための日焼け止めが、実は肌の負担に…。

では、少し日焼け止めについて見直してみましょう。


サンスクリーン剤に入っている日焼け防止剤には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。

日焼けを防止する目的は同じでも、肌への影響には違いがあります。

以前、身体に影響がある成分には「表示指定成分」として表示が義務づけられていましたが、

「紫外線吸収剤」は「旧表示指定成分」に含まれるものであるのに対し、

「紫外線散乱剤」は「旧表示指定成分」に含まれるものではありません。

つまり、「紫外線吸収剤」は肌に悪影響を及ぼす可能性の高い成分なのです。


*紫外線吸収剤

 吸収剤が化学反応によって紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して、

紫外線が肌内部の皮膚細胞に浸透して悪影響を及ぼすのを防ぎます。

紫外線吸収剤は、何に溶けているかによって吸収力に差が出るため

紫外線吸収剤として同じ成分が入っている製品でも不適切な化粧品に配合されると、

効果をきちんと発揮できない場合があります。

*紫外線散乱剤

主に粉体(パウダー)で、肌の表面で受けた紫外線を物理的に乱反射させて散乱させ、

紫外線が肌の内部へ侵入して悪影響を及ぼすのを防ぎます。


■なぜ、紫外線吸収剤は肌に影響がある?

紫外線吸収剤には旧表示指定成分に含まれるものがあります。

「表示指定成分」とは、「ごくまれにアレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある成分」として、

厚生大臣が指定し表示が義務づけられていた成分で、102種類(香料を含め103種類)ありました。

2001年の薬事法改正で表示義務がなくなりました。

紫外線吸収剤のなかには、フェノール系化合物、フェノールに類似するベンゼン系化合物があり、

これらはタール色素や酸化防止剤などと同様に発ガン性などの毒性があります。

そのため紫外線吸収剤は毒性の強さに応じて一品目への添加量が制限されています。

それなら安心と思いがちですが、紫外線吸収剤を含む乳液や化粧下地、

ファンデーションなどUVケア商品を3つも4つも使用すれば制限量を超え、

皮膚細胞を傷つけてしまい、シミやシワになる可能性は大きくなります。

肌が敏感な人やかぶれやすい人は、紫外線散乱剤が含まれるものがおすすめです。

以前は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が一緒に配合され、

紫外線防止効果を高めているものが多かったのですが、

最近は紫外線吸収剤の肌への影響を考え、「紫外線吸収剤不使用」と

表示されているものが多くなっています。

「吸収剤無配合」「ノンケミカル」という表示のものを選びましょう。



■SPFやPA値が高いものは、要注意!

SPFやPA値が高ければ高いほど、吸収剤や散乱剤を多く含み、肌に負担をかけてしまう可能性があります。

日本では、今のところ「SPF50+」の商品があるようにSPF値の制限はありません。

そのため、SPF値が高いものには、吸収剤と散乱剤の両方、特に吸収剤を多く配合する場合が少なくありません。



■こまめに塗り直すのが日焼けを防ぐコツ

毎日の洗濯物を干す時や1時間以内の外出などの一般的な日常生活には、「SPF20以下、PA+」で十分に紫外線は防げると考えられます。

しかし、ゴルフやテニス等の屋外スポーツ、海水浴などのリゾートには、

SPF30以上、PA++」の高い数値のものを使うといいでしょう。

その場所の紫外線量やどれくらい紫外線に当たっているかなど、場所や時間を見極めて上手に使い分けましょう。

サンスクリーン剤は時間がたつと汗や皮脂、顔の筋肉の動きではがれてムラになってきます。

ムラができたままだと、そこから紫外線を浴びてしまうので、定期的に塗り直したほうが効果的です。

紫外線の強い夏には、サンスクリーン剤など化粧品だけに頼らず、帽子、日傘などしっかりと紫外線対策を行いましょう。

かんたんシミ対策

紫外線が気になるこの季節に毎日簡単に出来るシミ予防をご紹介します。

緑茶にはカテキンとビタミンA・C・Eなども多く含まれています。

いずれも美肌に役立つビタミンですから、これも頼もしいですね!

さて、この緑茶のシミ予防パワー、どうやって摂るのがいいと思いますか?

まずはやはり「濃い緑茶を飲む」というのがおすすめです。

さて、シミ予防におすすめの緑茶、これはいつ摂取するのがいいでしょうか?

オススメは朝です!

出勤時などにあびる紫外線のダメージを軽減してくれますからね。

できれば昼休みにも、もう一杯いただいてカテキンとビタミンの補給をしておきたいところです。

逆に、緑茶にはカフェインも含まれているので、それで神経が興奮してしまう可能性があるので寝る前はあまりオススメできません。

自然乾燥は髪によくない?

シャンプー後、髪を乾かす段階でドライヤーを使っていますか?

ドライヤーって髪が傷みそうだから使わない。

寝るまでに乾くので必要ないかな。

冬は寒いから使うけど、暑くなれば使わない。

なんて方も多いと思います。

でも実際は自然乾燥させたほうが髪は傷みやすいのです。

髪の毛の構造は、細かい繊維が髪の毛表面のキューティクルによって束ねられています。

キューティクルは魚のうろこのような形をしていますので、髪がしなやかに動くのです。

髪の毛のツヤはキューティクルの輝きなのです。


健康な髪の毛はキューティクルが密に整っています。

キューティクルが剥がれたり裂けたりして壊れると、中の繊維がむき出しの状態になり、ツヤがなくなります。

これが髪が傷んだ状態で、枝毛、切れ毛の原因となります。

髪を傷めないということは、キューティクルを壊さないことなのです。

シャンプーした後は髪の毛がたっぷり水分を含んでふくらんでいます。

この時、キューティクルは立ち上がって開いてしまっている状態で、髪がこすれるだけで簡単に傷ついてしまいます。

髪が乾いていない状態で寝てしまうのも、枕との摩擦でキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。

また、水分を含んで開いていたキューティクルが、乾いてくると閉じていきますが、その時髪の毛は枕に押さえつけられた不自然な状態で固定されます。これが寝癖です。

その他、髪が水分を含んでいる状態が長く続くと頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。

髪はできるだけ早く乾かしたほうがいいようです。

ただ乾かし過ぎには注意してください。

乾かす前につけるトリートメントを使うといいですよ。

カラダの中から美肌ケア

最近は気温も上がりちょっと紫外線の気になりますね。

しっかり日焼け対策をしていても気づいたらうっかり日焼け…。

そんな時は日焼け後のケアをしっかりして美肌を保っていきましょう。

日焼けのケアは、直接肌に行うものだけではありません。食べることで身体の中からケアすることも出来ます。

日焼け防止のケアには、体内でビタミンAに変わるカロチンが多量に含まれているにんじんがお勧めです。

にんじんは、煮ても焼いても栄養価が高く、日頃から食べていると身体も丈夫になり、美肌にも繋がります。

ニンジンは、日焼けケア、美肌効果のある野菜です。

他にも日焼けケアに良い栄養素には、ビタミンC,ビタミンEなどがあります。

にんじん以外にカロチンを多く含む食べ物は、かぼちゃや、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。カロチンは身体を丈夫にしてくれる働きもあります。

日焼けケア以外でも美肌で有名な栄養素、ビタミンCは柑橘系果物に多く含まれています。

レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイなどがあり、そのまま食べても絞ってジュースにしても良いでしょう。

抗酸化作用のあるビタミンEは、アボガドやナッツなどに多く含まれています。日焼けケアだけではなく老化防止の効果もあります。

夏なら、緑黄色野菜を使ったマリネもお勧めで、オリーブオイルとレモン、グレープフルーツを使ってさっぱりと仕上げると食べやすいです。

グレープフルーツには、ダイエット効果もあるので日焼けケアのみならず、一緒にダイエット効果もえられます。

ダメージを受けた肌にできた活性酸素を抑制してくれるのはβーカロテンやビタミンE、肌を構成する為に必要なタンパク質も忘れてはいけません。

ぜひ積極的に摂取して欲しい栄養素です。

日焼け治療に最も有効的と言われているビタミンCは、シミ・そばかすにとても効果的です。

これらの栄養はレモンやオレンジ等の柑橘類、トマトやジャガイモ、ニンジンやカボチャ等の緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンCと一緒に採ると有効とされているのがビタミンEですが、このビタミンEはアボガドや大豆、ゴマ・ナッツ類に多く含まれています

これらの食品は、日頃から摂取しておきたい食品です。

日焼けのケアは、日常生活でしっかりと栄養をとって丈夫な肌であれば、日焼けのトラブル肌も回復が早いです。

肌のテカリ

これからの季節、化粧崩れしやすくなる原因の一つ『皮脂』によるテカり。

今から夏に向けて始めたい皮脂ケアをご紹介いたします。今年の夏はテカり知らずな肌になれるかも?

メイク落としの際に化粧を落とすことは肌にとって何よりも重要!

しかし、テカりが気になる人ほど、油も一緒にきれいさっぱり落としたくてゴシゴシ洗顔をしがち。

しかし、その洗顔が落とし穴!肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい乾燥し、乾燥を対処しようと肌は頑張って油を出すのですがその行為こそ、過激な油を出し脂性肌に導く悪循環!


テカリ対策の3つポイント

皮脂を取り過ぎないこと
保湿力の高い化粧水ではなく、保水力のある化粧水を使うこと
洗顔に力を入れずに、正しい洗顔方法をマスターすること

肌をうるおいで満たすことで根本からの皮脂を抑えることができます。
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード