髪に良くない食生活

髪がパサつく、頭皮が荒れる、白髪が増えた──髪に悪影響を与えているのは、生活習慣が原因かもしれません。「ダメダメ生活習慣」がついていないか、チェックしてみましょう。

ワースト5■趣味がない。

趣味がない人は、自分だけの時間、好きなことをする時間を持たない、ということにつながります。そんなリラクゼーションタイムを生活の一部に取り入れることは、ストレスを発散させる効果があります。

「楽しい!」と思える趣味を持って、自分だけの時間を持つようにしましょう。ただし、凝りすぎるとストレスとなり、逆効果になってしまいますのでご注意を。

ワースト4■あまり歩かない。移動に車を使うことが多い。

あまり運動をしない人は、全身の血流が悪い人が多いです。運動をしないと酸素の摂取量が減り、毛母細胞に酸素や栄養が取り込めなくなってしまいます。すると、毛母細胞の働きが悪くなり、新しい毛髪が生み出されなくなるのです。

毎日20分程度のウォーキングが効果的ですが、毎日歩くのはむずかしい、という方が多いことと思います。通勤電車やバスで立つ、1駅歩く、駅の階段をさっさっとあがる、など、毎日少しでよいので続けられることから始めてみませんか。

ワースト3■ついつい夜更かししてしまう。

睡眠は、自律神経を正常にし、心と身体のリズムを修復する時間です。もちろん、毛母細胞も修復されます。そこからまた、新しい毛髪が生まれていきます。また、22:00~2:00の間は、副交感神経が優位になる時間。その間に、細胞から老廃物が出ていき、栄養が入っていくのです。毛母細胞も生まれ変わる時間でもあります。

その間に睡眠をとっていない人は、要注意。髪の毛に悪影響を与えるだけでなく、身体の機能自体が衰えてしまいます。早寝早起きは、理にかなった習慣なのです。

ワースト2■タバコを吸っている。

タバコは血管を収縮させるため、全身の血流が悪くなります。そのため頭皮にまで血液が行き渡らなくなり、毛母細胞に栄養が届かなくなるのです。毛髪の発育に多大な悪影響を与えてしまいます。

「喫煙がダメなら飲酒もダメなの?」と思われるかもしれませんが、少量ならばOK。お酒は血行を良くしてくれるので、1合=約200mlぐらいでしたら、毎日飲んでも大丈夫でしょう。

ワースト1■野菜よりお肉が好き。

野菜より肉類が好きという人は、薄毛になる可能性が大です。肉類は高脂肪、高コレステロールの食品。好んで食べ続けると血液中の脂質が多くなり、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。皮脂が多くなると毛穴がつまり、毛髪の成長や新しい毛髪が出てくるのをさまたげる原因になってしまいます。

また、肉類を食べると、体内はもちろん、血管にも中性脂肪がたまっていきます。その結果、血管が細くなって血流が悪くなり、毛母細胞など、身体の隅々まで血液が行き渡らなくなってしまいます。

とはいえ、毎日バランスのよい食事をとらなくては……と、かえってストレスになってしまうこともあります。「昨日はお肉だったから、今日は魚にしよう」「昨日食べすぎたから、今日は控えよう」というように、質・量ともにかたよらないよう、ちょっぴり気をつければよいのです。食事は、髪はもちろん、全身の健康を保つための最もベーシックなこと。気楽に考えて、毎日続けられるようにしましょう。

アロマの効果

アロマの効果効能には様々ありますが、肌にいいものをご紹介します。

イランイラン・・・甘い花の香りで、生殖機能を改善する働きがあり、感情のたかぶりを静める作用があります。
ホルモンのバランスを整え、皮脂の分泌を調整する働きがあります。
敏感肌は避けます。

カモミール・・・緊張や不安を静め、リラックスさせる効果があります。
眠れないときや、イライラしたときなどにおすすめです。
美白効果もあり、ニキビや肌あれ、シミなどによいです。
月経不順や月経痛、更年期の症状を改善する効果があり、ホルモンバランスの崩れからくるシミや肌あれにも効きます。
お風呂にいれると、肌がしっとりします。

キャロットシード・・・浄化作用・強壮作用があります。
老化によるシミやしわ予防の効果があり、肌にははりと弾力を与えます。
妊娠中は使用できません。

クラリセージ・・・ストレスからくる不安や緊張をやわらげます。
ストレスによる頭痛や肩こりや痛みによいです。
ホルモンバランスを整え、炎症による肌あれやむくみなどに効果があります。

サイプレス・・・スパイシーな香りがせきや気管支炎、のどの炎症を緩和します。
イライラした気持ちを落ち着かせる働きもあります。
体液バランスを整えるので、ホルモンが失調しやすい更年期などに、症状をやわらげる効果があります。
高血圧の人、妊娠中は避けましょう。

ネロリ・・・利尿作用と殺菌作用があります。
ニキビやジクジク湿疹に効果あり、肥満の解消にも役立つといわれています。

ジュニバーベリー・・・オレンジの香りがストレスとやわらげ、更年期の不定愁訴に有効です。
血液循環をよくする効き目もあります。
弾力とはりのある肌に整える効果があり、乾燥肌や敏感肌にも使えます。

ペパーミント・・・すっきりした香りが、気持ちを落ち着かせます。
消化不良や下痢、便秘、乗り物酔いなどの他、鼻づまり、歯痛、筋肉痛なども緩和します。
日焼け、かゆみ、炎症をやわらげます。
刺激が強いので、希釈濃度を守って使いましょう。
妊娠中、授乳中は使用を避けます。

ラベンダー・・・ストレス性の疲労や緊張、怒りをやわらげ、不眠症に効きます。
高血圧の改善や月経痛、やけどにも有効です。
肌のバランスを整える効果があり、蒸留水のラベンダーウォーターは、イギリスで化粧水や香水として使われていたこともあります。
新しい細胞の成長をうながし、肌の弾力とはりを回復します。

ローズ・・・ホルモンバランスを整え、月経不順や更年期の症状に効果あります。
血液の循環を良好にします。
肌の老化防止に効き目があり、乾燥肌や敏感肌によいです。
妊娠中は使用を控えます。

ローズウッド・・・落ち込んだときに、気持ちを明るくさせます。
殺菌・消毒作用もあり、傷や炎症に効き目があります。
加湿作用があり、老化防止やしわ予防にも有効です。
乾燥肌、敏感肌にも使用できます。

ローズマリー・・・香りに、記憶力を増す効果があるといわれています。
眠気さましにも使えます。
利尿作用があり、むくみにも有効です。
収れん作用があるので、皮膚のたるみやはれによいです。
刺激が強いので、高血圧の人、妊娠中は使用できません。

ご注意下さい

暖かくなりもうすぐ連休ということもありお出かけのご予定の方も多いのではないでしょうか?

5月は紫外線量の多い時期になりますので注意が必要です。

日焼けをしてしまった肌を正常に回復させるためには、外側から冷やして治すことと、内側から栄養をとりいれて直すことが必要です。

日焼けに効く栄養素は?

紫外線を浴びた肌は、皮膚表面の角質が失われてしまっています。

そのため、回復させるための栄養を摂取することが大切なのです。

ビタミンA、C、Eを多くとりましょう。

ビタミンCは、日焼けに関わらず常に注意して取り入れておくと紫外線対策にもつながります。

バランスの取れた食生活を送るということで、肌を健康に保つことができるのは紫外線による影響だけのことではありませんね。

食べないほうがイイ物も…

ビタミンCをとったほうが良いからといって、レモンやライムなどを取り入れることは返って逆効果となってしまいます。

とってはいけない食品というのは、ソラレンという成分が含まれているものなのです。

これは、紫外線に当たることでメラニン色素を多く作り出してしまうことがあるので、注意が必要です。

また、アルコールを摂取しているときに紫外線を浴びると日焼けをしやすくなってしまいます。

毛穴ケア

食事による毛穴ケアを考えたことはありますか?

食事によって皮脂分泌をできるだけ抑制し、肌に弾力がでれば毛穴は目立たなくなります。

ビタミンB2 ・ B6・ビタミンCには、皮脂分泌をできるだけ抑制する効果があります。

実はビタミンCは抗酸化作用とともにコラーゲンを作り出すのを助長する効果があるのです。

乾燥から肌を守り、肌の潤いを保持するのを助ける効果が、ビタミンCの能力であり効果といえます。

弾力のある肌になってくると、毛穴は全然見えなくなるものなのですね。

食事によってコラーゲンを作り出すには、ビタミンCとFe(鉄分)が必要だといわれています。
・ビタミンC
ブロッコリー 、イチゴ、柿、ほうれん草、カリフラワー、小松菜

・ビタミンB2
サバ、卵黄、納豆、鶏などのレバー、牛、豚、うなぎ、アーモンド

・ビタミンB6
レバー、豆腐、豚腿、さつまいも、いわし、にんにく、鮭、卵

しかし、糖類や脂質の多い食べ物や過剰摂取は、皮脂の分泌を促進してしまいます。

また、アルコールや刺激物の過剰摂取も、絶対にいけません!

過剰摂取は逆効果になってしまうのですね。

栄養バランスをこころがけ、肌の正常な新陳代謝を促進することが、美肌へ向けての第一歩ということも考えていきましょう。

これから増える紫外線

これから増える紫外線。

受けたダメージをどれだけ最小限に抑えるかが、シミやシワの予防になります。

紫外線対策を強化するこの季節に向け、紫外線による肌の影響を改めて確認してみましょう。

紫外線をあびるとどうなるか。

肌が「焼ける」というのが真っ先に思い浮かぶところ。

でも、焼ける・黒くなること以上に怖いのが肌の水分を奪われることなんです。

肌の乾燥はシワの原因の一つ。紫外線は、肌の乾燥を引き起こすのです。

日焼けを起こす紫外線B波。

表皮と真皮の境目にあるメラノサイトにメラニンを作らせ肌を黒くします。

曇り空や窓ガラスも突き抜けてくる紫外線A波に比べると、日傘や帽子などでいくぶんか防ぐことができるので、日常のちょっとした心がけで対策がとれます。

ただし、いざ日焼けしてしまったら、それは火傷と同じ。

まず冷やす、それから保水する、というお手入れをしてダメージを最小限に抑えましょう。

紫外線A波はこの真皮のコラーゲンを直撃・破壊します。

弱った土台からは、弱った肌細胞=保水力の弱い細胞しか生まれないうえに、肌の生まれ変わりである新陳代謝も乱れ、古く乾燥した角質が肌表面にいつまでも居座り幾重にも重なっていく角質肥厚が起こります。

水分不足の角質がはがれず重なって肌にとどまる状態は見た目にもガサガサして透明感もなく、くすんでみえます。

そして、コラーゲンが壊され続ければ、当然肌のハリも失ってしまいます。

紫外線が肌に与えるダメージは、シミだけでなく乾燥、シワ、たるみまでも引き起こし、あらゆる肌の悩みへつながりますので気をつけましょう。
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード