FC2ブログ

髪のボリュームが気になり始めたら

「夏のダメージ」が秋に姿を現す
肌の老化のリスクは、一年を通して秋がピーク。最悪と言われる「夏のダメージ」が原因です。厳しい夏を乗り越えた肌はもうボロボロ…。今はまだ目に見えなくても、このまま放っておいては、あっと言うまにシミ・シワ・たるみとなって肌に現れてきます。

秋のスキンケアの内容で1年間の美肌度が決まるといっても過言ではありません。

1年で最も徹底ケアが必要な季節
今回、知っておいていただきたいのは、秋は「肌の老化がはじまる季節」だということ。秋の間に「夏のダメージ」をきちんとリセットできているかいないかで、その後の美肌度を大きく左右します。

夏のダメージをリセットしないまま厳しい冬を迎えてしまうと「現状回復」は本当に大変…。それどころか、冬の間も悪化し続けて、シミ・シワ・たるみとなって肌に定着してしまいます。

夏のダメージはなんとしても9月→10月→11月のうちにリセットしておきたいところ。夏のダメージが引き起こすトラブルと秋の肌傾向を知って、適切なスキンケアをプランニングしていきましょう。

肌老化のスパイラルは秋からはじまるのです。

夏のダメージが原因 「秋の肌トラブル」
「肌にハリがない。」 「小ジワ・たるみが気になる。」 紫外線には、たった数分浴びただけで肌のハリや弾力を担うコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうという作用があります(=光老化)。 夏の終わり頃から小じわやたるみが気になりはじめるのはこの光老化の影響。 肌がハリや弾力を失った結果、表情の変化による癖がつきやすくなったり、重力に負けるようになってしまうためです。
「肌がカサカサ。乾燥する。」
夏場、冷房の効いた室内に長時間いた私たちの肌は、厳しい乾燥に晒されていました。 秋になり肌の乾燥はピークに達し、潤いを保つ機能は極度に低下しています。 そこに追い討ちをかけるのが乾燥した秋の空気。 秋の乾燥した空気が、バリア機能が弱まった肌に容赦なく襲い掛かり、肌の乾燥はより一層深刻になっていきます。
「シミ、くすみが気になる。」
紫外線による光老化やエアコンによる乾燥、室内外の気温・湿度差。夏を終えた今、肌の機能は著しく低下しています。 その代表格が「ターンオーバーの遅れ」。 肌の生まれ変わりが不調になることでメラニンをスムーズに排出できず、しみの発生や悪化を招いています。 また、古くなった角質が長く居座り続けるために肌のトーンは暗くなり、くすみが目立ち始めます。

秋のアンチエイジングのテーマはふたつ。
「夏のダメージのリセット」と「ターンオーバーの促進」です。秋は「肌の老化がはじまる季節」。夏のダメージをきちんとリセットして、肌老化のスパイラルを断ち切りましょう。

秋の洗顔
ターンオーバーが乱れた肌は、古い角質が溜まりやすくなっています。洗顔料はケチらずたっぷりと使用し、密度の濃い泡を沢山つくって肌に馴染ませるように洗い上げます。決してこすらず、だけど素早く。肌へのダメージをできるだけ少なくするためにも手際よく洗い上げましょう。古い角質をキレイにオフすることでターンオーバーを促進し、全ての肌の悩みに働きかけます。

涼しくなって「夏特有の激しい皮脂の分泌」が落ち着きはじめたら、水洗顔を取り入れます。お湯での洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌の乾燥を招きます。水(ちょっと冷たいかな?と感じる程度)で洗顔することで、必要な皮脂や保湿成分を残しつつ、汚れだけをオフする洗顔を目指しましょう。
蒸しタオルパックで、しわ・たるみ・シミ・くすみ対策!
洗顔後に蒸しタオルを30秒ほど顔に乗せることで血行やリンパの流れがよくなりターンオーバーの正常化を促します。また蒸気が肌の内部にまで行き渡り、ふっくらと潤います。蒸しタオル後に冷水に顔を浸せばなお完璧。開いた毛穴がキュット閉じます。冷蔵庫で冷やした化粧水をたっぷりと馴染ませても良いでしょう。
化粧水の前に蒸しタオルをすると化粧水が浸透しやすくなり、美容効果を高めるので絶対にオススメです。ターンオーバーの促進と保湿の強化を兼ね備えた、秋にピッタリの美容法です。
:蒸しタオルの作り方
フェイスタオルを水で濡らして、軽く絞ります。絞ったタオルをビニール袋に入れて電子レンジで1分程度温めます。あまり熱いと逆に肌に悪いので、温度を調節してから顔に乗せましょう。くれぐれも火傷にはご注意くださいね。

※気持ちよいのでやってしまいがちですが、蒸しタオルを乗せた後に顔を拭いたり擦ったりするのはやめましょう。必要な皮脂や肌の保湿成分を失ってしまいます。

秋の化粧水ケア
夏のダメージで乾いた肌にたっぷりと潤いを与えます。しっとりタイプのものでしっかりと潤いと栄養を与えて、夏のダメージを手当てしましょう。
化粧水を顔全体に馴染ませたら、乾燥しやすい目元から指の腹で軽く抑えるようにしっかりと馴染ませていきます。内から外、下から上へ血行やリンパの流れを意識しながら馴染ませていきます。最後にもう一度、手のひら全体で顔を抑えて浸透を高めます。

化粧水を顔全体に馴染ませたら、乾燥に弱い目の周辺を中心に気になる部分にコットンパックをしていきます。肌の奥まで潤いを届けましょう。コットンに化粧水を十分に馴染ませてから薄く数枚に裂いて、乾燥ジワやシミが気になる部分に乗せていきます。
時間の目安は最大3分。それ以上すると逆に肌の水分を奪ってしまうので注意が必要です。

秋の美容液ケア
夏のケアに引き続き、秋も「シミ対策」と「シワ・タルミ対策」は並行して取り入れていきます。 「夏しか美白をしない」という方がよくいらっしゃいますがこれはNG。 シミ対策、しわ・たるみ対策ともに一年中が勝負シーズン。 美肌を維持するためにバランスよくケアしていきましょう。

夏に比べると秋のアンチエイジングは「シワ・たるみ対策」を強化しなくてはなりません。 エアコンによる乾燥はもとより、紫外線による「光老化」は放っておくと、しわ・たるみとなって「この秋に」確実に肌に現れます。 ベーシックなシミ対策と並行して、肌のハリ・弾力を取り戻すケアに重点的に取り組みましょう。

秋の乳液&クリーム
肌がベタつきやすい夏の間に、乳液やクリームなどの油分系化粧品の使用をサボっていた方も多いと思います。そんな方は夏の間に「隠れ乾燥肌」になっていた可能性が大。この秋にしっかりとケアしないと大変なことになってしまいます。

美容液が肌に馴染んだら、乳液を肌に馴染ませていきます。まずは最も乾燥しやすい目元から。瞼・下瞼、目の下から目尻・こめかみへしっかりと乳液を馴染ませて潤いを閉じ込めていきます。次に、乾燥しやすい口元から頬全体へ、下から上、内側から外側へと頬を引き上げるように、マッサージするように引き上げていきます。決して強く擦らず、指の腹を肌の上に滑らせるように引き上げていきましょう。皮脂の分泌が減少してきた部分には、クリームでさらに油分を補っていきましょう。

シワが気になる部分には、夜のスキンケアの最後に多少ベタッとするくらい多めにクリームをのせてあげましょう。パックのような効果で、夜寝ている間にもしっかりと潤いを閉じ込められます。翌朝には肌が柔らかく潤っていることに気付くはずです。

秋のアンチエイジングまとめ
絶対に覚えておきたいのは、秋は「肌の老化がはじまる季節」だということ。秋にしっかりリセットしておかないと、このダメージは冬の終わりまで加速を続け、回復すること無く、来年の夏を迎えることになってしまいます。肌老化のスパイラルは秋からはじまるのです。

アンチエイジングは秋が勝負。

夏のダメージをきちんとリセットして、肌老化のスパイラルを断ち切りましょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード