カラダの中から美肌ケア

最近は気温も上がりちょっと紫外線の気になりますね。

しっかり日焼け対策をしていても気づいたらうっかり日焼け…。

そんな時は日焼け後のケアをしっかりして美肌を保っていきましょう。

日焼けのケアは、直接肌に行うものだけではありません。食べることで身体の中からケアすることも出来ます。

日焼け防止のケアには、体内でビタミンAに変わるカロチンが多量に含まれているにんじんがお勧めです。

にんじんは、煮ても焼いても栄養価が高く、日頃から食べていると身体も丈夫になり、美肌にも繋がります。

ニンジンは、日焼けケア、美肌効果のある野菜です。

他にも日焼けケアに良い栄養素には、ビタミンC,ビタミンEなどがあります。

にんじん以外にカロチンを多く含む食べ物は、かぼちゃや、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。カロチンは身体を丈夫にしてくれる働きもあります。

日焼けケア以外でも美肌で有名な栄養素、ビタミンCは柑橘系果物に多く含まれています。

レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイなどがあり、そのまま食べても絞ってジュースにしても良いでしょう。

抗酸化作用のあるビタミンEは、アボガドやナッツなどに多く含まれています。日焼けケアだけではなく老化防止の効果もあります。

夏なら、緑黄色野菜を使ったマリネもお勧めで、オリーブオイルとレモン、グレープフルーツを使ってさっぱりと仕上げると食べやすいです。

グレープフルーツには、ダイエット効果もあるので日焼けケアのみならず、一緒にダイエット効果もえられます。

ダメージを受けた肌にできた活性酸素を抑制してくれるのはβーカロテンやビタミンE、肌を構成する為に必要なタンパク質も忘れてはいけません。

ぜひ積極的に摂取して欲しい栄養素です。

日焼け治療に最も有効的と言われているビタミンCは、シミ・そばかすにとても効果的です。

これらの栄養はレモンやオレンジ等の柑橘類、トマトやジャガイモ、ニンジンやカボチャ等の緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンCと一緒に採ると有効とされているのがビタミンEですが、このビタミンEはアボガドや大豆、ゴマ・ナッツ類に多く含まれています

これらの食品は、日頃から摂取しておきたい食品です。

日焼けのケアは、日常生活でしっかりと栄養をとって丈夫な肌であれば、日焼けのトラブル肌も回復が早いです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード