FC2ブログ

アロマの効果

アロマの効果効能には様々ありますが、肌にいいものをご紹介します。

イランイラン・・・甘い花の香りで、生殖機能を改善する働きがあり、感情のたかぶりを静める作用があります。
ホルモンのバランスを整え、皮脂の分泌を調整する働きがあります。
敏感肌は避けます。

カモミール・・・緊張や不安を静め、リラックスさせる効果があります。
眠れないときや、イライラしたときなどにおすすめです。
美白効果もあり、ニキビや肌あれ、シミなどによいです。
月経不順や月経痛、更年期の症状を改善する効果があり、ホルモンバランスの崩れからくるシミや肌あれにも効きます。
お風呂にいれると、肌がしっとりします。

キャロットシード・・・浄化作用・強壮作用があります。
老化によるシミやしわ予防の効果があり、肌にははりと弾力を与えます。
妊娠中は使用できません。

クラリセージ・・・ストレスからくる不安や緊張をやわらげます。
ストレスによる頭痛や肩こりや痛みによいです。
ホルモンバランスを整え、炎症による肌あれやむくみなどに効果があります。

サイプレス・・・スパイシーな香りがせきや気管支炎、のどの炎症を緩和します。
イライラした気持ちを落ち着かせる働きもあります。
体液バランスを整えるので、ホルモンが失調しやすい更年期などに、症状をやわらげる効果があります。
高血圧の人、妊娠中は避けましょう。

ネロリ・・・利尿作用と殺菌作用があります。
ニキビやジクジク湿疹に効果あり、肥満の解消にも役立つといわれています。

ジュニバーベリー・・・オレンジの香りがストレスとやわらげ、更年期の不定愁訴に有効です。
血液循環をよくする効き目もあります。
弾力とはりのある肌に整える効果があり、乾燥肌や敏感肌にも使えます。

ペパーミント・・・すっきりした香りが、気持ちを落ち着かせます。
消化不良や下痢、便秘、乗り物酔いなどの他、鼻づまり、歯痛、筋肉痛なども緩和します。
日焼け、かゆみ、炎症をやわらげます。
刺激が強いので、希釈濃度を守って使いましょう。
妊娠中、授乳中は使用を避けます。

ラベンダー・・・ストレス性の疲労や緊張、怒りをやわらげ、不眠症に効きます。
高血圧の改善や月経痛、やけどにも有効です。
肌のバランスを整える効果があり、蒸留水のラベンダーウォーターは、イギリスで化粧水や香水として使われていたこともあります。
新しい細胞の成長をうながし、肌の弾力とはりを回復します。

ローズ・・・ホルモンバランスを整え、月経不順や更年期の症状に効果あります。
血液の循環を良好にします。
肌の老化防止に効き目があり、乾燥肌や敏感肌によいです。
妊娠中は使用を控えます。

ローズウッド・・・落ち込んだときに、気持ちを明るくさせます。
殺菌・消毒作用もあり、傷や炎症に効き目があります。
加湿作用があり、老化防止やしわ予防にも有効です。
乾燥肌、敏感肌にも使用できます。

ローズマリー・・・香りに、記憶力を増す効果があるといわれています。
眠気さましにも使えます。
利尿作用があり、むくみにも有効です。
収れん作用があるので、皮膚のたるみやはれによいです。
刺激が強いので、高血圧の人、妊娠中は使用できません。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード