頭皮の乾燥にご注意

頭皮は、身体の他の皮膚とは別のものと考えられがちですが、皮脂腺が発達している以外は、皮下組織、真皮、表皮で構造されており、全く同じ構造から成り立っています。

ただ、皮脂腺が発達しているため、皮脂の分泌量は多くなっていますが、これは、毛髪などでどうしても頭皮は、雑菌が繁殖し易い箇所でもあるので、皮脂量を増やし、皮膚の免疫機能を強化しているからです。

反面、発達した皮脂腺は、他の部位の毛穴より大きくなっているので、免疫機能を促す皮脂の分泌が減少し、乾燥肌になると汚れや雑菌が溜まり易くなっています。

また、汚れなどが溜まり易いといって洗い過ぎたり擦り過ぎると、角質層が壊れ、水分の蒸発が促進されますので、保湿成分のあるコラーゲンが減少して乾燥肌となってしまいます。

どの部位の乾燥肌でも基本的な原因要素は、コラーゲンの不足にあります。

このコラーゲンが肌に充分に満たされれば、コラーゲンの作用により、水分をしっかりと肌に保持するようになり、コラーゲンに溜まった水分が徐々に角質層に移動して、潤いと弾力を与える事により、頭皮の不必要なフケなどを防ぐ事ができます。

では、コラーゲンを摂取すれば健康的な頭皮にする事ができる、と考えるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。

コラーゲンは、身体全体で使われています。

頭皮だけ必要と言っても、摂取した時点で身体全体のバランスを考えますから、確実に頭皮へ回されるとは言えません。

むしろ、身体のバランスの優先順位は、生命維持を優先しますので、頭皮はかなり下位の順位にあり、コラーゲンの供給は殆ど無いといえるでしょう。

しかし、全く無いよりは改善の可能性がありますので、根気強いケアが必要となる訳です。

ただ、乾燥肌の頭皮は、毛髪にも影響を与えますし、雑菌などが多い部位でもあるので、そのまま放置する訳にはいきません。

そこで、他の部位の乾燥肌のケアと同じに、確実に汚れを洗い流す事だけでも大きく改善しますので、オススメします。

その際は、シャンプーに含まれている界面活性剤によっては、免疫機能のある頭皮の皮脂を除去しすぎるので乾燥が気になる場合は硫酸系は選ばない方がいいでしょう。

それから、必ず石けんカスが残りますので、確実にすすぐ事に注意して、また、洗髪後は保湿成分の含まれた化粧品などを使用して頭皮マッサージを行う事に心掛ければ、頭皮が活性化しますので、コラーゲンの摂取とも相まって徐々に頭皮の乾燥肌を改善されるでしょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード