FC2ブログ

これから増える紫外線。

これから増える紫外線。

受けたダメージをどれだけ最小限に抑えるかが、シミやシワの予防になります。

紫外線対策を強化するこの季節に向け、紫外線による肌の影響を改めて確認してみましょう。

紫外線をあびるとどうなるか。

肌が「焼ける」というのが真っ先に思い浮かぶところ。

でも、焼ける・黒くなること以上に怖いのが肌の水分を奪われることなんです。

肌の乾燥はシワの原因の一つ。紫外線は、肌の乾燥を引き起こすのです。

日焼けを起こす紫外線B波。

表皮と真皮の境目にあるメラノサイトにメラニンを作らせ肌を黒くします。

曇り空や窓ガラスも突き抜けてくる紫外線A波に比べると、日傘や帽子などでいくぶんか防ぐことができるので、日常のちょっとした心がけで対策がとれます。

ただし、いざ日焼けしてしまったら、それは火傷と同じ。

まず冷やす、それから保水する、というお手入れをしてダメージを最小限に抑えましょう。

紫外線A波はこの真皮のコラーゲンを直撃・破壊します。

弱った土台からは、弱った肌細胞=保水力の弱い細胞しか生まれないうえに、肌の生まれ変わりである新陳代謝も乱れ、古く乾燥した角質が肌表面にいつまでも居座り幾重にも重なっていく角質肥厚が起こります。

水分不足の角質がはがれず重なって肌にとどまる状態は見た目にもガサガサして透明感もなく、くすんでみえます。

そして、コラーゲンが壊され続ければ、当然肌のハリも失ってしまいます。

紫外線が肌に与えるダメージは、シミだけでなく乾燥、シワ、たるみまでも引き起こし、あらゆる肌の悩みへつながりますので気をつけましょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード