冬の毛穴ケア

冬は、春や夏に比べ汗や皮脂の分泌量が減るため、黒ず毛穴や毛穴開き、べたつきやテカリといった悩みは少なくなす。

しかし、温度や湿度が低下するこの季節は、北風やエアコン(暖房)などの影響で空気が乾燥するため、新陳代謝やバリア機能の低下によりキメが乱れやすい状態です。

また、肌に栄養を与える毛細血管の働きが悪くなることで血行不良が起こり、十分な栄養を肌へ届けられなくなってしまうこともあります。

さらに、バリア機能が低下することで、肌の潤いを守るためのセラミドや水分が損なわれ、ハリや弾力を支える機能に悪影響を及ぼすこともあるのです。

ハリや弾力の低下した状態では毛穴たるみや毛穴開きが起こりやすく、バリア機能や新陳代謝の低下はニキビの原因となることもあります。

冬は紫外線量が一年の中でもっとも少ない季節ですが、肌の新陳代謝が低下している状態ではメラニン毛穴を招く可能性も否めません。

冬の毛穴ケアのポイントとしては、汚れはしっかり落としうるおいはたっぷり与えてあげましょう。

まず、クレンジングや洗顔料でのお手入れは丁寧に行い、毛穴の汚れやいらなくなった古い角質を落とします。

クレンジングや洗顔を正しく行うことで新陳代謝が活性化され、目詰まり毛穴や黒ずみ毛穴を予防・改善することができます。

次に、化粧水で水分をたっぷり与え、その後は乳液やクリームでしっかりフタをしましょう。

とくに、洗顔後や入浴後は毛穴が開きがちになり、水分が蒸発しやすい状態になっています。

洗顔後や入浴後のケアは、できれば3分以内に行うことが理想的です。

基礎化粧品でのお手入れ後、乾燥を感じるようであれば保湿効果のある美容液でのケアをプラスします。

乾燥は毛穴たるみや毛穴開きの原因になることもあるため、必要に応じて新陳代謝や血液循環を高めるためのマッサージやパック、水分+潤い補給のできるローションパックを行いましょう。

最後に、冬の間は新陳代謝が低下することで、メラニンによる色素沈着が起こりやすくなります。

UVクリームでの保護や美白ケアを合わせて行うことで、メラニン毛穴を予防しましょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード