FC2ブログ

キレイを保つ水分補給

「冬の体と乾き」
秋から冬に向かう変化には、もちろん寒くなるということがありますが、体に対して影響が大きいこととしてもう一つ、空気が乾燥するということがあります。

十一月に入ると本格的に空気が乾いてきます。 空気が乾燥してくると、体表の水分が発散しやすくなって、皮膚もサラッとしてきます。

さわやかで良いのですが、水分が体からどんどん発散していくので、うまく水分を補給しないと水分不足による影響がでてきます。 (むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみなど)

また、体の水分量が減ってくると、血液が濃くなり、血流 ・ 血行が悪くなります。この時期血圧が高くなったり、脳梗塞などが増えるのは、冷えと相まって、水分不足の影響があるのです。


「くちびるが乾いたら」

人間というのは空腹には敏感なのですが、乾きにはわりと無頓着なものです。かなり乾いてこないと、水分が足らないという実感がないのです。

また、暑いと水を飲みますが、寒くなると、からだの水分が足りなくなっても、意外と水を飲みたいという気が起こらないようです。

しかし、くちびるや、口の周りなどがかさかさと乾燥してきたら、体はもう乾いています。

そして乾きに対する対策を講じる時期、意識して水分を補給する時期が来たということです。

「頻尿とむくみ」

体が乾いてくると、頻尿になります。 しょっちゅうトイレに行きたくなり、そのくせ一回の量は少ないのです。

これは体の水分量が少ないために尿の成分が濃くなるので、あまりたまらないうちに尿意が起こるのです。

トイレの回数が増えるので、水分をひかえる人がいますが、これは反対です。上手に水分をとっていけば、かえって回数は減ってきます。

頻尿になってもそのまま水分をとらないでいると、残尿感があるようになり、常にトイレに行きたいような感じになります。

そしてだんだんむくむようになります。 これは病気というより水分の足らない状態です。この時期のむくみは、体が少ない水分を惜しんで、体内に水分をため込むためにむくむのです。

飲み物を多くとっていけば頻尿は治っていきます。

はじめのうちは、少ない水分でやりくりしていた癖が体にありますので、水を飲んでもどんどん出ていってしまいますが、一週間から10日ぐらいで、回数が減って一回の量が多くなる、という状態になります。

「うるおっているほど寒さに強い」

人間の体は、60~70%が水分だといわれています。 その水分が不足すると、体にいろいろと不都合がでてきます。

体がだるい、重い、こわばる、風邪が治りにくい、目鼻のさまざまな症状などなど。また、血液が濃くなることから、脳梗塞や動脈硬化などの原因にもなります。

冷えに対して弱くなるのも水分不足の影響の一つです。 体の水分が不足してくると、とたんに寒さがこたえるようになります。

そして、体が乾いていると、同じように寒い思いをしても、冷えの影響を余分に受けます。

体がうるおっているほど寒さに対して強くなります。 感覚的にも冷えに強くなりますし、実際に、体が冷えの影響を受けにくくなります。

【上手な水分のとり方】


【秋口から初冬】

体が乾燥し始める10月ぐらいから水分補給に気をつけるのが良いでしょう。

この時期、特に頻尿の傾向の出ている人などは、冷たい水をがぶがぶ飲んでも吸収せずに出ていってしまいます。

この時期は暖かいものが有効です。 といっても、お茶などより汁物、味のあるものがいいのです。

うどん、雑炊、スープ、鍋物、ラーメンなど。 そのうえで水を少しずつ回数を多く飲みます。

お茶などは吸収がよさそうに思えますが、利尿作用が強く、飲んでも飲んでも体を素通りして小便で出てしまいます。

コーヒー、ビール、お酒などは、飲むとよけいに体が乾きます。 それらの飲み物を飲んだ後は、しっかり水も飲んでおきます。

それからジュースなどの甘い飲み物は、体が潤わずにむくんでしまう傾向があります。

【真冬になったら】

年末から1月、2月になると、今度は水でないと吸収しなくなります。

やはり、がぶ飲みはいけません。

ちびちびと、杯でお酒を飲むようなつもりで、少しずつ飲みます。

小さいペットボトルにでも水を入れておいて、思い出したらちょっと一口、そんな具合で少量ずつ、回数で量をかせぐのが良いのです。

ガボガボと、水が胃にたまるようなら、飲むペースが速すぎます。

お風呂に入りながら少量ずつ水を飲むのはたいへん有効です。 吸収が良いのです。
この時期むくむ人は、体が少ない水分を惜しんで捨てないでいるためです。1日15分ぐらい足を高くしておきます。すわってでも、あおむけでもかまいません。
そして暖かい汁物を多く取り、さらにに水をちびちびと飲みます。
春のお彼岸ぐらいまで乾燥は続きます。 それを過ぎたら、気をつけて水を飲む必要はなくなります。水分補給に気をつけるのは、秋の彼岸頃から春の彼岸頃までと、おぼえておけば良いかと思います。
「みずみずしさは水・水しさ」

体が乾いてくると、筋肉も弾力を失ってきます。

以外にこの時期ぎっくり腰などが多いのは、体がこわばって弾力を失っているからなのです。体の乾いている人は、動作にも若々しさがなくなってきます。

筋肉でも肌でも、みずみずしいほど良いのです。

年齢よりもみずみずしさがない人、老けて見える人は、こういう時期に水分をとらなかった人です。

しかし、そういう人でもこの時期に上手に水分をとると変わってきます。

乾燥する季節に上手に水分をとっていくと、体のみずみずしさがかわってきます。

2年、3年と続けるとその違いは歴然としてきます。 まさにみずみずしさは水を飲むことから始まります。
スポンサーサイト
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード