プロが教えるドライヤーの使い方

髪を乾かすと事は綺麗な髪を保つのにとても大切なことです。

では乾かし方のポイントをおさらいしていきましょう。

「タオルドライはやさしくしっかりと」
髪の健康を考えるとドライヤーを当てる時間は出来るだけ短くしたいものです。

まずは、髪を拭くというよりも頭をマッサージするように頭皮の水分を取ります。

毛先はタオルでやさしく包んで押すようにドライします。

髪は濡れていると傷みやすいのいであまりこすらないように注意してください。

「洗い流さないトリートメントを使う」
ドライヤーを使う前に髪を保護するため洗い流さないトリートメントをつけます。

傷みやすい毛先を中心に毛束を両手で包むようにしてやさしくつけます。

この時髪の毛をこすらないように。

「ドライヤーは頭皮を乾かすように当てる」
まず根元をしっかり乾かすように。

根元を乾かしているとドライヤーの風が毛先の方にも当ります。その余熱だけでも毛先はだいたい乾きます。

根元を後回しにすると毛先が乾きすぎるので、パサパサになる原因です。

襟足から始めて、順に上へ乾かしていきます。特に襟足から耳の後ろまでの部分を重点的に乾かします。この部分が濡れたままだと上の髪がしたの髪の湿気を吸い取ってしまいます。

ドライヤーを当てても髪がぺしゃんこでスタイルが決まらないのはこれが原因です。

下から順に乾かすと髪がふわっと仕上がります。

仕上げに髪の根元から毛先へとドライヤーの風をあてます。(上から下へ)

ブラシを使うといいですが、苦手な方は指で挟むようにするだけでもOKです。

こうする事によってキューティクルの流れが整えられ髪にツヤが出ます。

乾かさないのもダメですが、乾かし過ぎも髪にはよくないので注意してください。

ドライヤーによる乾燥の目安は「ドライヤーの熱が髪の毛に残っているときは、髪の毛がある程度乾燥しているように思えるが、その熱が冷めると髪の毛が気持ち湿った感じに戻る」までとしてみて下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード