FC2ブログ

-5歳の目じり美人

目じりに出来てしまったシワを見ながら何とかならないかな?と思っている女性も多いと思います。

目元周りというのは、顔の中でもまず最初に目線が向かいやすい部分ですし印象として強く残ってしまいがちな箇所なので気になりますね。

目じりにシワが出来てしまう原因は「乾燥」と「加齢」の2つです。

加齢によるシワはある程度仕方のないところですが適切なケアをすれば少なくする事も可能です。

IMG_0001-12.jpg


1 しわになりやすい理由

目の周りの皮膚は薄く、約0,1ミリしかありません。

皮膚が薄いと外からの刺激を受けやすく乾燥しがちになります。目元は表情の変化、紫外線、湿度の低下、間違ったスキンケアなどあらゆる刺激によって乾燥し、しわになりやすい部分です。

また加齢により顔の筋肉が衰えて、たるみが生じやすくなります。そのたるみが表情の変化で動きやすい目じりにしわとなって表れるのです。

2 しわにならないために

目じりのしわを防ぐには目の周りに刺激を与えないことです。

アイメイクは肌に残らないようにきちんと落とし、指でこすり過ぎないようにします。

また、疲れ目のケアをすることも大切です。

目の周りが疲れによって筋肉疲労や血行不良を起こすと、目元がくぼんでしわになりやすくなります。

テレビやパソコンの画面を見ていて目の疲れを感じたらツボをマッサージしたり、遠くの景色を見たりして目を休ませましょう。

日頃の肌のお手入れで、目の周りが乾燥しないように心掛けるのも、目じりのしわを防ぐ為に大切な事です。

3 出来たしわの対処法

若くてみずみずしい肌は表情の変化でしわが出来てもすぐに元に戻ります。

けれど加齢などにより真皮のコラーゲンやエラスチンが減少して肌の弾力が失われるとしわが出来やすくなります。

弾力を失った肌は元に戻りにくしわがくっきりと刻まれてしまうのです。

目じりのしわに対処するには目の周りの皮膚に水分を補給し保湿することが大切です。

洗顔後、化粧水などで水分補給した後セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ美容液や保湿ジェル、クリームなどを使って保湿を心掛けましょう。

その際肌をこすらず力を抜いて指先で優しくケアすることも大切です。

普段の生活では紫外線を予防しましょう。

紫外線に当たる事は肌の乾燥の原因になります。

日焼け止めクリームを塗る、日傘をさす、帽子をかぶる、手袋をはめる、サングラスをかけるなどを行い肌に直接紫外線が当たらないように気をつけましょう。

4 スキンケアの方法

目の周りのケアには保湿成分を配合したクリームなどを使うとよいでしょう。

クリームを塗る時は刺激の弱い部分なので指でこすらず、力を入れずに指先で軽くトントンとたたくようにクリームをつけます。

また保湿成分のある美容液を染み込ませたアイマスクでパックするのも良いでしょう。
スポンサーサイト
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード