肩こり解消で髪イキイキ!

肩こりを感じる部分は、頭、首の後ろから方にかけて背中の上の方首の付け根などの範囲だと思います。

しかし、実際に堅く凝り固まっているのはその部分だけではありません。

症状としては感じにくい肩甲骨周りに付いている筋肉も含まれるのです。

ですから肩こり解消予防は肩甲骨を動かし肩甲骨周りの筋肉の血流を改善させることを意識しましょう。

「簡単に出来る肩こり予防」

1 右ひじを曲げ、右手を右肩につけます。

2 右肩から右手が離れないように意識したまま右ひじで出来るだけ大きな円を描きます。すると自然と右肩が回ります。それと同時に肩甲骨も動かす事が出来る為肩甲骨周囲の筋肉への血行が改善されます。

3 数回ひじを回したら左側も行ってみましょう。

注意)肩の関節に問題があると傷みが生じたり、手が肩に届かなかったりする事も考えられます。その場合は無理しないようにして下さい。

また筋肉を温めることでつらい肩こりの症状を緩和させる方法があります。

1 使い捨てカイロを用意します。

2 カイロは肌に直接触れないようにして低温やけどに気をつけましょう。下着の上からカイロを当てたり、ハンカチを介して温めましょう。

3 一時的に温める場合は10~15分程度でいいので、休憩時間にも行う事ができそうですね。貼るタイプのカイロであれば手で押さえなくても楽にできます。

注意)症状が悪くなる場合は中止してください。

最近はお風呂をシャワーで済ませてしまう人が多いですが、湯船にしっかりと入って体を温めることが大切です。

半身浴などでしっかり汗を流して体の芯まで温めることが理想です。

また入浴中は体が温まり血行が良くなり体がリラックスしているのでストレッチをするとさらに効果が高まります。ぜひ入浴中にやってみて下さい。

「ビタミンBを摂取して肩こり改善」

ビタミンBは新陳代謝を活発にする働きがあり、肩こりの原因となる血行不良を改善する効果があります。

豚肉、牛肉、レバー、大豆、玄米などに多く含まれており、だるさや肉体疲労の改善に効果的です。

ビタミンBは水溶性であり過剰摂取しても体外へ排出されますので毎日摂取することを心がけましょう。

スポンサーサイト
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード