FC2ブログ

頭皮の疲れに

夏場は、1年を通して発汗しやすい季節です。

汗をかくと、汗は皮脂に吸収され、汗の水分は夏場の強い日差しによって蒸発して汗に含まれる塩分が残ります。

塩分は皮脂を固めやすい性質があり、夏場は皮脂が固まりやすいと言えます。

また、夏場の強い紫外線によって、頭皮は日焼け状態になります。

頭皮が紫外線によって傷んでしまいます。

このような夏場の状態を繰り返す事によって頭皮や毛髪の状態は悪化します。

毛髪は栄養が供給されないと抜けてしまいます。

夏場の悪化した状態のまま放置すると皮脂が固まったままの為、少しずつ栄養が妨げられ、

1~2ヶ月後の秋の季節に栄養が供給されなくなった毛髪から連続的に抜け始めます。

これが秋に抜け毛が急増する原因の1つです。

抜ける量には生活環境など個人差がありますので、だれでも、必ず秋に抜け毛が増えるとは限りません。

しかし、抜け毛が増える条件が揃うと増えやすいので注意が必要です。


こんな方はご注意を!

・良く汗をかく方

・夏に紫外線の強い野外でレジャーや仕事をした方

・脂症やフケ症の方

・紫外線に弱い方

・極度の日焼けをしてしまった方

もしも急に抜け毛が増えてしまったり、気になりだしたら放置すると抜け毛が増える一方です。

十分な睡眠や適度な運動、バランスの良い食事に加え、

オススメなのが「デトックス」や「ヘッドスパ」。

シャンプーでは取りきれない夏の毛穴の汚れを取り除いたり

頭皮のマッサージで頭のコリをほぐし血行促進。

夏に弱った地肌の疲れが一気に噴き出す前にきちんとケアをしてあげましょう。
スポンサーサイト

気付いていますか?頭皮の日焼け。

お盆休みは帰省やレジャーにお出かけの方も多いと思います。

日焼け対策は「バッチリ!」と思っていても実は忘れがちなところがあります。

それはどこか?

ズバリ「頭皮」です。

つむじや分け目は特に日焼けしている人が多いですね。


●頭皮が日焼けするとどうなるのか?

症状:炎症が起きて赤くなる、熱をもつ、乾燥(ひどい場合は角質が剥がれます)、かゆみなど…。

紫外線は頭皮の深部にも影響を及ぼします。

そうすると髪が生まれ変わる周期が乱れ、抜け毛、薄毛、細毛の原因になります。


●まずは日焼け防止対策を!

日傘や帽子が使えない時は顔用の日焼け止めやスプレータイプの日焼け止めをつむじや分け目に軽く塗っておくのも効果的です。

ただ塗ると白くなるタイプの日焼け止めにはご注意を。

髪が白くなる場合がありますので、頭皮につける際はには白くならないタイプを選びましょう。

頭皮に日焼け止めをつけた日はいつもより丁寧にシャンプーし、よく洗い流しましょう。


●もし頭皮が日焼けをしてしまったら…

気をつけていても、長時間紫外線に当たっていると頭皮が日焼けしてしまうかもしれません。

赤くなった場合は水を入れたビニール袋ですぐに冷やすとよいでしょう。

くれぐれも氷を直接当てて急冷しないように。

ヒリヒリする場合はブラッシングやシャンプーの際に爪を立てるなど刺激を与えないように注意して下さい。

頭皮も日焼けをすると乾燥してしまうので、頭皮用化粧水やローションなどでしっかり保湿することを心掛けてください。

ついつい忘れがちな頭皮の日焼け予防やその後のケアをしっかりして健康な頭皮と髪を守りましょう!

水分補給はお早めに

連日暑い日が続きます。

この時期気を付けたいのが熱中症ですね。

こまめな水分補給が大切なのですが、汗をたくさんかいているのに水ばかり飲むと血液中のナトリウムが不足してしまうので注意しましょう。

今回は自宅で簡単に作れる経口補水液の作り方をご紹介します。


●経口補水液の作り方

水:1000ml

塩:小さじ3分の1(理想は小さじ2分の1)

砂糖:大さじ4杯+小さじ1杯

市販のスポーツドリンクより糖分が少なく、脱水症状の改善に必要なナトリウムも多い。

好みによってレモン汁を足しても良いそうです。

これをこまめに補給する事で熱中症になりにくくなります


●熱中症の見分け方

親指の爪を白くなるまで押してパッと放し、再び赤くなるまでの時間を見ましょう。

健康であれば、放すとすぐに赤みが戻ります。

3秒以上白いままだと脱水を起こしているサインのようです。

そうならない為にもこまめな水分補給を心掛けたいですね。

くれぐれもお体に気をつけて夏を満喫してください。

毛穴の詰まりにご注意!

ムシムシと暑い日が続いている今日この頃。

外に出るだけで汗をかきますよね。

毎日キレイに洗っているつもりでも、頭皮はシャンプーやリンス、

古くなった角質などの老廃物でいっぱいです。

特に夏の頭皮は大量の汗をかき、皮脂分泌が多くなるので地肌が塞がった状態に。

放っておくと毛穴が詰まり、フケ、臭い、薄毛、頭皮にトラブルが出やすくなります。

特にこの季節は頭皮ケアを意識したい時期ですね。


お風呂で洗髪する際、髪の毛だけでなく頭皮を優しく揉み洗いをする感じで

毛穴に詰まった脂を押し出します。

そしてすすぎはしっかりと行ってください。

トリートメントは頭皮までつけず傷みやすい毛先を中心につけましょう。

そして湯船につかっている間にもリラックスしながら頭皮のマッサージをすると

毛穴が開いて汚れが取れやすくなります。

タオルドライした後は頭皮用のケア剤で軽くマッサージをして栄養と血行促進をしてあげましょう。

白髪予防

いつまでも若久しくいたいと思う女性を悩ませる白髪…。

白髪が目立つと実際の年齢より老けて見られてしまいますし、

疲れ顔に見られる事もあって見た目だけでなく気持ちまで沈んだものしてしまいますね。

白髪が出来る5大原因は遺伝・加齢・生活環境・病気・ストレスです。

自分で改善できる原因に取り組んで、白髪の発生をストップさせましょう!

【白髪を予防する食生活】

●健康な頭皮のために

白髪を予防するには、頭皮を柔らかく健康に保つことが大切です。

そのためには、細胞の弾力を守るコラーゲンを積極的に摂っていきましょう。

コラーゲンはうなぎや豚足に豊富に含まれています。

体内で加齢と共にコラーゲンが減少していくのは、実は活性酸素が原因です。

この活性酸素の働きを抑える栄養素はビタミンEとビタミンCです。

特にビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれるほど、抗酸化力が強いです。

ビタミンCは果物や野菜に、ビタミンEはウナギやアーモンドに豊富です。


●健康な毛髪のために

健康な毛髪を保つために、毛母細胞が栄養不足にならないようにしましょう。

毛細血管の血行と血液の状態を整えるために、ぜひビタミンEと、マグネシウムを摂ってください。
鉄や銅も、健康な血液には必要です。

銅は牛のレバー・マグネシウムはアーモンドなどに含まれます。

ケラチンというタンパク質が不足しても、髪は細く痩せ細ってしまいます。

ケラチンのモトとなるアミノ酸・ビタミンB6・亜鉛をしっかり摂りましょう。

アミノ酸は大豆や赤身の肉に、ビタミンB6はカツオやマグロに、亜鉛は小魚や海草に豊富に含まれています。

【ストレス解消】

受験やストレスフルな状況で、白髪が増えたり、円形脱毛症が起きたり、というパターンがあります。
精神的なストレスは、髪の健康によくありません。
うまくストレスを解消していきましょう。

また精神的なストレスもですが、身体的なストレスも解消してください。

過度のダイエットで体の健康状態が悪くなり、髪が抜けたり白髪が増えたり、という女性がいます。
たとえ痩せても、これではダイエット失敗ですね。

睡眠不足も、白髪には大敵です。
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード