FC2ブログ

ご注意下さい。

暖かくなりもうすぐ連休ということもありお出かけのご予定の方も多いのではないでしょうか?

5月は紫外線量の多い時期になりますので注意が必要です。

日焼けをしてしまった肌を正常に回復させるためには、外側から冷やして治すことと、内側から栄養をとりいれて直すことが必要です。

日焼けに効く栄養素は?

紫外線を浴びた肌は、皮膚表面の角質が失われてしまっています。

そのため、回復させるための栄養を摂取することが大切なのです。

ビタミンA、C、Eを多くとりましょう。

ビタミンCは、日焼けに関わらず常に注意して取り入れておくと紫外線対策にもつながります。

バランスの取れた食生活を送るということで、肌を健康に保つことができるのは紫外線による影響だけのことではありませんね。

食べないほうがイイ物も…

ビタミンCをとったほうが良いからといって、レモンやライムなどを取り入れることは返って逆効果となってしまいます。

とってはいけない食品というのは、ソラレンという成分が含まれているものなのです。

これは、紫外線に当たることでメラニン色素を多く作り出してしまうことがあるので、注意が必要です。

また、アルコールを摂取しているときに紫外線を浴びると日焼けをしやすくなってしまいます。
スポンサーサイト

毛穴ケア。

食事による毛穴ケアを考えたことはありますか?

食事によって皮脂分泌をできるだけ抑制し、肌に弾力がでれば毛穴は目立たなくなります。

ビタミンB2 ・ B6・ビタミンCには、皮脂分泌をできるだけ抑制する効果があります。

実はビタミンCは抗酸化作用とともにコラーゲンを作り出すのを助長する効果があるのです。

乾燥から肌を守り、肌の潤いを保持するのを助ける効果が、ビタミンCの能力であり効果といえます。

弾力のある肌になってくると、毛穴は全然見えなくなるものなのですね。

食事によってコラーゲンを作り出すには、ビタミンCとFe(鉄分)が必要だといわれています。
・ビタミンC
ブロッコリー 、イチゴ、柿、ほうれん草、カリフラワー、小松菜

・ビタミンB2
サバ、卵黄、納豆、鶏などのレバー、牛、豚、うなぎ、アーモンド

・ビタミンB6
レバー、豆腐、豚腿、さつまいも、いわし、にんにく、鮭、卵

しかし、糖類や脂質の多い食べ物や過剰摂取は、皮脂の分泌を促進してしまいます。

また、アルコールや刺激物の過剰摂取も、絶対にいけません!

過剰摂取は逆効果になってしまうのですね。

栄養バランスをこころがけ、肌の正常な新陳代謝を促進することが、美肌へ向けての第一歩ということも考えていきましょう。

これから増える紫外線。

これから増える紫外線。

受けたダメージをどれだけ最小限に抑えるかが、シミやシワの予防になります。

紫外線対策を強化するこの季節に向け、紫外線による肌の影響を改めて確認してみましょう。

紫外線をあびるとどうなるか。

肌が「焼ける」というのが真っ先に思い浮かぶところ。

でも、焼ける・黒くなること以上に怖いのが肌の水分を奪われることなんです。

肌の乾燥はシワの原因の一つ。紫外線は、肌の乾燥を引き起こすのです。

日焼けを起こす紫外線B波。

表皮と真皮の境目にあるメラノサイトにメラニンを作らせ肌を黒くします。

曇り空や窓ガラスも突き抜けてくる紫外線A波に比べると、日傘や帽子などでいくぶんか防ぐことができるので、日常のちょっとした心がけで対策がとれます。

ただし、いざ日焼けしてしまったら、それは火傷と同じ。

まず冷やす、それから保水する、というお手入れをしてダメージを最小限に抑えましょう。

紫外線A波はこの真皮のコラーゲンを直撃・破壊します。

弱った土台からは、弱った肌細胞=保水力の弱い細胞しか生まれないうえに、肌の生まれ変わりである新陳代謝も乱れ、古く乾燥した角質が肌表面にいつまでも居座り幾重にも重なっていく角質肥厚が起こります。

水分不足の角質がはがれず重なって肌にとどまる状態は見た目にもガサガサして透明感もなく、くすんでみえます。

そして、コラーゲンが壊され続ければ、当然肌のハリも失ってしまいます。

紫外線が肌に与えるダメージは、シミだけでなく乾燥、シワ、たるみまでも引き起こし、あらゆる肌の悩みへつながりますので気をつけましょう。

春の紫外線対策

これから暖かくなりお出かけもしやすくなる時期やっぱり気になるのは紫外線ですね。

紫外線によるダメージは肌だけのものだと思っていませんか?

肌の紫外線対策は万全でも髪のケアは忘れている事も多いのではないでしょうか?

紫外線は長時間当ると頭皮も肌と同じように日焼けを起こしダメージを受けてしまいます。

また多量の紫外線で髪の乾燥が進み、キューティクルが開いてしまいます。ついには、タンパク質も壊れてしまうのです。そのためキューティクルがはがれやすくなり、ツヤも失ってしまうことに。

紫外線から髪を守る為には髪を保護する事が大切です。

髪の表面をコートして、内側の水分と油分を補うための洗い流さないトリートメントは髪の紫外線対策には必需品でしょう。

また日傘や帽子を上手に活用しましょう。

日傘の場合は濃い色の厚手の布のものを選ぶと安心です。

反対に帽子の場合は黒い色だと熱がこもり頭皮が蒸れやすくなるので、薄めの色で、つばが広く内側には汗を吸収しやすい素材を使った全体に通気性の良いものを選びましょう。

健やかな髪を持続するためにも肌と同じように髪の毛も紫外線対策をどうぞお忘れなく!

春のシミ対策。

春の暖かい日ざしの下で、ふと顔を見ると、新しいシミやソバカスが・・・
こんなことに気づくことはありませんか?

まず、シミの原因についておさらいしましょう。
そもそもシミというのは、表皮の一番下の「基底層」にあるメラニン色素を、作り出す「メラノサイト」という細胞が、活性化したまま元に戻らなくなった状態です。

通常は、メラノサイトで作られたメラニンは周囲の細胞に渡され肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)にしたがって自然に皮膚表面からはがれ落ちてなくなります。

ところが、正常であったメラノサイトが、紫外線や外部からの刺激、ホルモンバランスの異常などの影響によってリズムを崩すとメラニンを必要以上に作り続けるようになってしまい、皮膚の深いところに、残ったままになるとシミになるのです。

さらに、このメラノサイトの一番多いところは、なんと悲しいことにお顔なの
です!つまり言い換えますと、お顔はシミができやすいところなのです!

この時期一番気になり、シミの大きな原因と考えられるのは紫外線によるものです。
これは、先週お伝えいたしましたが、この時期に紫外線対策を怠けると、なかなかもとのお肌に戻りにくい場合がありますのでご注意を!

また、春は気温の急激な変化や生活リズムの変化によって、ホルモンバランスが乱れがちですよね。

冬の間に体のいろいろな機能が低下しているとそれを活性化させるためにホルモンの分泌量が増え、メラニンを生成させるホルモンも同時に必要量を超えて分泌されます。
そのため、お肌の状態とは関係なしにメラニンの生成が活性化してシミに結びついてしまうのです。

シミを改善するには根本的にお肌の健康で正常な状態を取りもどすことが大切です。
シミだけでなく、どんな肌トラブルも改善するためにはお肌の環境を整えていくことが必要になります。

また、シミは肌荒れなどでお肌が健康でなかったり、老化が進んで抵抗力が弱くなっているとできやすくなります。

さらに、シミはニキビなどのトラブル同様、普段のお手入れが正しくないと、お肌が敏感になっているぶん治りは遅くなってしまいます。

そう考えると、やっぱり、UVカット化粧品などなしですっぴんのまま外出するというのはお肌によくないですし、毎日のケアは怠れないですね。
シミが出てからあわてるよりも、シミが出ないような努力をできるだけすることが大切だということですね。

また、毎日のケアもなるべくお肌に負担をかけないようにして水分のたっぷり補給としっかり保湿でケアしましょう。

お肌の環境を整え、お肌の表面をイキイキ健康な状態に保ち、紫外線対策等も考慮して、シミなどのトラブルに負けないお肌づくりを毎日の丁寧なケアをコツコツ積み重ねていきましょう!
プロフィール

vitale

Author:vitale

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード